アメリカ サインポストのお話3

サインポストでまさかの第3段!

誰も楽しみにしていないとは思いますが書かずにはいられません。

先週アルミメーカーのリクシルさん、アルミ問屋さんの研修旅行でハワイに行っておりました。

ハワイとはいえ、そこはアメリカ。

トラフィックサインポストは例のあいつでした。

2inch×2inchのにくいやつ!

 

はいっ!こいつです。

今回はカリフォルニアと違い歩きでの移動も多かったので、じっくりと見てみました。

「取り付け方」を!!

取付ボルトは頭は平のリベット。これはほぼ共通。

裏の止め方がいろいろありました。

これは定番のナット止め。

こいつは裏も平リベット。うーん。どうやって止めてるのか?

そして

こいつは、ナットがポスト内に内蔵型。

ポストは丸型で、バンド止め。

表も裏もナット止め。

とまあいろんな止め方があることが判明しました。

次に変形型をご覧ください。

2本足型。風の強い場所、看板が少し大きくなるとこの形になると思われます。

3本足型。さらに看板が大きくなるとこの3本足型になります。

上下の補強部分も2inchポストが使われております。

平リベットー裏ナットの定番型で使われているであろうボルトとナットも追加購入しておきました。

ポストの大きさが2inchですので長さは2-1/2=2.5inchとなります。

もはや、看板なしでも様になるこのポスト。

欲しくなった皆さま。12月中旬には入ってきますよ。

ただし、遠方の方は送料がかなり高いのでご了承ください!

V型や丸形も少しですが見かけました。

これは珍しい、6角形!

足元はやはり、こいつが締まります!

ベースプレート。こやつも10個ほど仕入れております。

車移動ばかりでは気づかないことが今回色々気づけて良かったです!

最後に、上部突き出し型。これはなかなかいいんではないでしょうか!

岐阜でアメリカンガレージ、外構、エクステリアはお任せください。

 

アメリカンガレージ カリフォルニアガレージ アメガレグループ ガレージワン

岐阜外構 岐阜エクステリア アメリカンガレージ 車庫 ガレージ ストレージ 土間 ブロック

造成 L型ようへき タイニーハウス ミニストレージ

関連記事一覧

PAGE TOP