アメリカンガレージ 溶接!

アメリカンガレージ カリフォルニアタイプの土台部分のパーツの溶接をいつも車でお世話になり、カリフォルニアのグルメ情報をくれる岐南町ガレージピースさんにお願いしました!

ガレピの社長、浅野氏は別名溶接の魔術師と呼ばれております。

ガレージ2台分の土台の溶接を半日で仕上げていただきました。

通常この土台部分のスリーブパーツ溶接はアメリカで行われた状態で日本に入ってきます。

今回は、部材のみを輸入し、日本で材料を刻み、溶接する工法を採用しました。

少し材料の仕込みに時間がかかるものの、沢山のメリットがあります。

①アメリカの規格ではなく、国内仕様に適した設計をする場合、設計通りのパーツ取り付けが出来る。

②自分の手で正確に刻むことが可能→安心感!

③信頼のおける、パートナーによる溶接!

↑ココ一番重要。

④補強を強化した前提での仕事ができる。

などなど、良いこと盛りだくさんです。

今回はパネルは国産を使用しますので、鉄骨のみアメリカ産となります。

また後日記述しますが、この国産パネルには屋根専用部材があり、屋根部材と壁部材とは異なる部材を使用し組み立てていきます!

今後も進化し続ける、アメリカンガレージ。

岐阜でアメリカンガレージ、外構、エクステリアなら永田庭園。

関連記事一覧

PAGE TOP