アメリカンガレージ 補強について。

アメリカンガレージ カリフォルニアタイプ。

名前の通りカリフォルニアで作られている商品。

それを日本で建てるのが私たちの仕事。

では、カリフォルニアから輸入してそのまま建てても良いのか?

答えはNO!

気候が全然違います。

雨しかり、台風、地震などなど。

圧倒的に日本の方が条件が悪い。

だったら日本仕様に改良して建てるのが、あるべき姿です。

しかし、なかなかそれを実践している業者は少ないように思います。

今回は強度を高める補強について。

まずはブレス。国産の鉄骨造では当たり前の装備、これでかなり強度アップ。

3方向ぐるりと横架材。

これも日本なら当たり前の装備。

しかしカリフォルニアガレージでは付けてる人はごくわずか。

ショルダーのブレスと棟下のブレス。

これも適切な位置に(ブレスが効く位置)に必要な長さを付けている人は少ないですね、

効かない位置つけたり、短いブレスでは全く意味がないんです!

さらに弊社では棟下に横架材を入れていきます。

この補強工事は外部からはわかりません。

やってなくても使用上には差し支えありません。

要は、やらなくもお客さんには分かりづらい部分なんですね〜

弊社では、やれる補強はしっかりやります。

金額も部材だけであればそんなに高価なものでもありません。

少し取り付けには手間がかかるものの、10年後15年後のことを考えると絶対にやるべき補強なのです。

永田庭園では2台以上のガレージは標準装備としています。

注意 ミニストレージやカーポートタイプなどでは装備しないこともあります。

安心、安全、岐阜でアメリカンガレージ、外構、エクステリアなら永田庭園まで!

関連記事一覧

PAGE TOP