宅地造成

宅地造成:田んぼなどそのままでは家が建てれない場所に、ブロックや擁壁(ようへき)などで周りを囲い、土を入れ建物が建てることができる状態にすること。

宅地造成も弊社の得意とする仕事になります。

まずどの職種より早く乗り込み宅地を作ります。一番乗りです。

一番乗りだけに、近隣とうまくやっていかないといけません。この後に来る建築本体の人たちのためにもご近所付き合いは気を使います!

そして建物完了後、外構工事へと進み完成となります。

ですので、僕たちは一番最初から最後までを務めさせてもらってるんですね!

今着工中の現場。

まずは草を刈り土を入れます。

入れる土は現場状況や、予算に応じて色々対応します。

外周の土留ブロック。これも現場状況や予算により、L型擁壁や、コンクリートの現場打ちなど様々なタイプがあります。

ベース厚、幅もしっかり規定以上を確保。

もちろん鉄筋の入れ方もしっかり規定を守ります。

明日も引き続き山土搬入していきます。

これから新築を計画してる方、造成工事は建築と切り離してオーダーされた方がお値打ちにできますよ。

岐阜でアメリカンガレージ、外構、エクステリアなら永田庭園

造成工事もね!

関連記事一覧

PAGE TOP