アメリカンガレージ鉄骨

鉄骨の国産化がほぼほぼ形になってきました。

若干の改良はあるものの商品としてお出しできるレベルになりました。

ベースは国産鉄骨45×75

生材をR加工して、つや消しのブラック塗装仕上げ。

なかなかかっこいいです。

今回施工性も考えてますよ!

せっかく1から考えるなら施工する側にも優しくあるべき。

大きさは写真のような小さめのストレージから間口10m程度の大型ガレージ、ストレージまで対応できます。

補強の仕方、繋ぎ方アメリカ製品とは🇺🇸異なっております。

今回メッキ塗装は不可となりますが、それ以外は何色でも承ります。

国産鉄骨レギュラーフレーム改良はこれでひとまず完成。

次はあまり日本では見られないアメリカンガレージ、カリフォルニアパネルによるA型フレームに着手していきます。

↑こんな奴。

A型は軒先回りがキモとなりますね。考えるだけで楽しくなる。

年内には完成予定。

進化なき会社に成長なし。

ずっと勉強です!楽しいけどね!

岐阜でアメリカンガレージ、外構、エクステリアなら永田庭園

関連記事一覧

PAGE TOP