アメリカンガレージ Rスパン

土台水切り設置も終わり、本体アーチ部分の形成です。

アメリカ製はすでに形成されたパーツが3m程度に刻んであり、現場で組み立てるスタイル。

今回Rスパンは、アーチ部分を現場で形成するスタイルです。

材料のガルバロールを形成機で形成します。

ここが、Rスパンの1番の利点。1枚物で作れてしまいます。

1枚物ということは継ぎ目がないので雨漏りの可能性がほぼ0になるということ。

建築物としてこれ以上のメリットがあるでしょうか?

ガルバの平板がロール状になった物を、機械にセッティングします。

形成機です。

形成期自体はアメリカ製。

ということは、見た目はアメリカのスタイル。品質は、日本で日本の材料を加工するというおいしいところ取り。

もちろん日本製の平板ですから、JIS入り。ミルシートも出るので、建築確認問題なく通ります。

まずはストレート部分の形成。この字型で出てきます。

次にこの字型のパーツをR型に形成します。

こんな感じで直線パーツがRになって出てきます。

今回は半径5.3mのRです。

 

3枚重ねシーマーという機械で締め込みつないでいきます。

ここでもボルト、ナットなどは使用せず、かしめていくことにより、圧着、固定します。

穴などがないため、ここでも雨漏れの可能性が限りなく0に近づきます。

3枚と1セットとして並べていきます。

いよいよ次回は建て方編!!

岐阜でアメリカンガレージ、外構、エクステリアなら永田庭園

関連記事一覧

施工事例はこちら 岐阜・関・各務原・山県市まで対応します
PAGE TOP